原因を把握する

頭皮チェック

日頃身だしなみに気を使う人にとって、気になる外見の問題は、最先端の治療で治すことができるかもしれません。清潔感のある人になるためには髪の身だしなみも欠かせません。ただ、髪が薄くなってきたと思う人も多いのではないでしょうか。男性の髪が薄くなる原因として、AGAになっている可能性があります。AGA治療はメディアでも取り上げられるほど、有名な対策法になってきました。AGAは通称男性型脱毛症と呼ばれる頭皮の病気です。AGA治療を行ないたい時は、そもそもどのような病気なのか原因を知ることも大切です。症状としては、一般的に、前髪の後退から始まるM字ハゲが主です。前髪が薄くなる原因は遺伝の可能性もありますが、それが男性ホルモンが原因で起こっている時、AGAだと判断されます。ただ、男性ホルモンとは男性の本来もっている物質です。そのため、男性ホルモンが悪いという訳ではありません。男性ホルモンには特殊な種類の物があり、それらが発生させる物質に体が影響されると、AGAになってしまうのです。また、AGAは遺伝でも起こるため、一概に何が悪いとは言えません。男性ホルモンのテストステロンとよばれる物質は、体に欠かせない体毛を濃ゆくしたり、男性特有の体にする効果があります。そのため、身体的な男らしさを形成するのに欠かせない成分の一つです。この成分自体にAGAを起こす原因があるわけではありません。テストステロンは頭部にある成分の一つである5aリダクターゼの影響を受けると、テストステロンがジヒドロテストステロンというより強力になった成分に変わります。このジヒドロテストステロンには抜け毛を促す効果があるため、AGAの発症を起こします。ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい人はAGAになりやすい体質だと言われています。ただ、全く影響を受けない人もいるため、遺伝であるのかによって治療効果に違いが出てきます。AGA治療は影響を受けやすい人により効果があります。

AGAは基本的にジヒドロテストステロンという男性ホルモンによって起こるものだと言われていますが、ストレスで起きることもあります。ストレスは頭の血行を悪くしてしまい、それがAGAにつながっているのではないかと言われています。また、ストレスと同様に食生活の乱れでAGAが起きているのではという人もいます。食生活で偏った栄養の取り方をしていると抜け毛を促進させるため、AGAの原因にはなっていなくても、さらに抜け毛を加速させるかもしれません。原因が分かったら対策やAGA治療の方法を把握することも大切です。